読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えみごのメモ

ももクロと杏果

人類のお布団

ももクロちゃんはあたたかい
何をしていたって、根底に必ずあたたかさを宿している
いつだってあたたかさをくれる
それはまるで冬のお布団のようだ

みんなそれぞれ日々の暮らしがある
一人一人に波乱万丈がある
寒空の下凍える一日もある
でも家に帰れば必ずお布団があって
それはずっとずっとそこに在って
あたたかさで私達を包んで
明日も生きる力を補給させてくれる

朝になればなかなか抜け出せないあたたかさ
そのまま一日中お布団に入っていられたら幸せだ
でも、寒い中頑張ってきた日の方が、あたたかさが沁みたりする

この世界には、お布団を知らない人もいる
そんな人だって、一度寒いところに来てお布団に入ってしまったら、自分で体感してしまったら、その瞬間、あたたかさの虜になるだろう

本当は誰だって、あたたかさを求めている
生まれた瞬間から、あたたかさを求めている

そんな矢先、ふわりと目の前に現れたももクロちゃんがとってもあたたかい人達だったから
毎日あたたかいままそこにいてくれるから
だからずっと一緒にいるんだ

今、寒い思いをして生きている人にこのあたたかさを教えてあげたい
今、ぬくぬくと生きている人にも、こんなにあたたかい素敵なお布団もありますよってこと、知ってもらいたい

たまにでも、たった一回でもいいから、沢山の人にももクロちゃんのあたたかさを味わってほしい
ももクロちゃんが人類のお布団になったら、世界ごとあたためてしまえそうだから