読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えみごのメモ

ももクロと杏果

※ネタバレ 初聴き感想

AMARANTHUS/白金の夜明けを初めて聴き終わった私の感想
20:20 2016.2.16

聴き終わった!終わった!電気をつけた。聴き込む前に、初めて聴いたたった一度の今の感想を未来の自分に告ぐ。

部屋を暗くして、歌詞カードだけをライトで照らして、ビジュアルを並べて、AMARANTHUS→白金の夜明けをぶっ通しで聴く。これが本当に正解だった。素晴らしい体験が出来た。

あっという間の、長い旅だった。
このCDのことが発表されてから随分経った。それから今日まで、今日のためだけに生きている節もあった。日々明かされていく細切れの情報の中で、私はどんなに凄い音楽が待っているんだろうと期待を育てて育てて抱えきれなくなっていった。

けれど待っていたのは音楽じゃない。音楽だけれど音楽じゃない。
きっと音楽史を変えるような凄い作品なんだろう!そんな期待をずっと抱いていた。
でもこれは、この2枚のアルバムは、芸術?世界?もっと何か、生命を超越したなにか、地球を包み込むようななにか、だった。
物凄い感情なう。なんだろうこれ。
旅を終えたような心地よい、けれど強烈な後味。
そうかこれは、旅、だ。
いのちを巡る旅。人生と宇宙を超越した輪廻の旅。


まずはAMARANTHUS。
以下語彙力消失。率直な感情。深く書かない。

embryo-prologue-
これはまさに生まれる感じ。ああ生まれる前だ!そんな感情を引きずり出される。やばい。引き込まれる。

WE ARE BORN
やばい、この世に生まれた。うんうん、生まれた!

モノクロデッサン
これはやばい。めちゃめちゃいい。この曲は。まさにももいろクローバーZ。いい曲すぎやん。そうか、赤ちゃんの目にはモノクロの世界が見えてるわけだ。
「昔好きだった色」というフレーズに胸が詰まった。
人生、だなあ。

ゴリラパンチ
きたー!ラジオでの先行公開を我慢し、フルを初めて聴く。
・・・・・・
えっ・・・
杏果のAメロ・・・
あかん・・・
かっこよすぎる・・・
やばい、かっこよすぎる・・・これだ、私が杏果に歌って欲しかった歌だ・・・
おお、意外とキャッチ―なサビらへん
また杏果のAメロかっこよすぎる・・・
うわ、うまい・・・
やばい・・・
(繰り返し)

武陵桃源なかよし物語
きたー前山田~おかえり~
・・・
やべえ
やべえ、いいじゃん
マジおかえり、前山田健一さん。あなたの歌だね、これ。
まだまだ幼い青春って感じ?だからここなのか。

勝手に君に
フォーク村で聴いてはいたが、音源やべえな。
マー君・・・
いいね、これ。
なんぞこんないい曲なの。
学生の青春感ある。

青春賦
ここで学校行って卒業ね、
ももクロちゃん達も、私も、高校卒業したんだなあ。
ももクロちゃん、大人になっていくんだよなあ・・・しみじみ

サボテンとリボン
神前曲~!う、うおおおお?ノれるなにこれ、言葉の感じがめっちゃ耳にいい感じに入る。やばい。天才神前と天才只野が出会った。やばい。いい。かわいい。
ああ、ももクロちゃんも恋をしてしまうのか・・・

デモンストレーション
・・・
ななああああああんじゃああこれええええめええええっちゃいいいいいいいいい
やばいやばいやばいやばいやばい、はあ!?!?!?!?!?!?
ねえ、やばくね!?ちょっと!おいおいおいおいおいおいおいお

仏桑花
からのぶっそーげかよ!落差!
・・・
(涙を流す)
お母さんありがとう・・・
これ結婚式で流したい。

泣いてもいいんだよ
頑張る親、社会人って感じなあ。父の日のPV思い出すなあ。
「そりゃ」ってそこに書くもんだっけ?

Guns N’ Diamond
期待値最大のこの曲。唾をのむ。来るぞ・・・
・・・
・・・
やばい

かっけえかっけえかっけえっかっけえかっこいいいよおおおおおおおおおおおおおお
かっこいいかっこいいなにこれなにこれかっこいいやばいあああええええええええええええええええええ無理いいいいかっこいいいいい期待超えてるううううう

中高年の歌なのかこれ。かっこよすぎる。こんな大人になりてえ。
マジでこれナンバー1だな。

バイバイでさようなら
死の直前の歌。覚悟して聴く。
・・・
いい
パレードか、だからこの写真みんな楽器持ってパレードみたいなんだなるほどね。
ああ
終わっちゃう 人生が

HAPPY Re:BIRTHDAY
もう最後・・・もう死んじゃう・・・
ああそうかここがあの森か
ああ・・・
「あたたかいきみの手のひらの
感触をおもいだせないの」
私も、今朝触れた杏果の手のひらの感触を
死んだら忘れてしまうのかな
でも・・・
Re:BIRTHDAY
またうまれる いいな ああ またはじまる

そうして音が止まった。あっという間だったけれど、ながい人生を体験した気がした。
ここで呆然と余韻に浸りながらも一息ついて、白金の夜明けへ。

個のA、始まりのZ-prologue-
!!!!!!!!!!!!マジか、そういうことか、このメロディ
今ここって、死んでる?死後の世界みたい
「夢の世界」って言ってたけど、これは死後の世界なんじゃね。
ふわりふわりと。つづいてる。まだ続きが聴ける。

桃源郷
きましたナッキー!!もう聴いちゃったけど!
あでもこれ、このサウンド、あれ、やばい、なるほど、ここが、こういう世界か。
やっぱり死後って感じ。

白金の夜明け
もう何十回目だろうなあ。
この曲がここに入るのも、わかるなあ。なるほどなあ。

マホロバケーション
うえーーーーい!!!!キタ――(゚∀゚)――!はいはい踊ります。
ニ!ル!ヴァ!ー!ナ!
でもなるほどね、ここでマホロバなのね。

夢の浮世に咲いてみな
きました~久々に聴きたかった!うんうん
あれ・・・さあ君も一緒に~のところ
すごくストンと来る。今この世界の流れにぴったりだ。なるほど。終わらない熱狂始まる国へ。同じ世界が続いてる感じする。だからこの曲はこっちなんだ。

ROCK THE BOAT
期待値最大。ずっと楽しみだったこの曲・・・いくぞ
・・・
あやばい
これ
あかん
マジでかっけえ
えっ
いやしおりん、玉井詩織えろい
やばいこれ、マジでかっこいいやばい、やばい、勇気出る、なんやこれ。好きすぎるさすがっていうかこのページの歌詞の並びやべえ、全部期待値MAX組じゃんけえええ

希望の向こうへ
思い出される天龍。
やばい、れにちゃんさすが。
あっ
「この手のぬくもりは たしかだから」
さっき、私にぴったりですって言われたのは、そういうことか。
いやこのメロディーあかんやろ。なにこれ泣ける。マジでやばい。あかん・・・

カントリーローズ-時の旅人-
いよいよだ、一番期待してたこの曲。
・・・
およよ!?!?!
なんか東方っぽい東方感ある。最初こんなんなん?
おっおっ!??いいぞこれ、これは、おおおおおおお!
キタ――――――――!!!!!!!!!
うわうわうわ
東方っぽい!
これめっちゃいい、うん、予想と違うけどいい!
やばいやばいやばいそういう展開かよやべえよ。
というか分かってきた。今、地球を目指してるんだ。もう一度生まれる地球を。辛い道って「暗く狭い道」だったりして。

イマジネーション
出た。どうなる。
は、はああああああああそういう展開いいいいいいいなんこれ!!!
文学すぎる。マジかよお前ら!そうなる!
これ、すげえよ、あんた、天才だな。

MOON PRIDE
からのこれね。さすがに分かる。完璧な展開だ。曲の繋がりやばい。

『Z』の誓い
わかった・・・。「星」だ。星とか地球とか故郷とかずっとある。やっぱりこれって死んだあと地球という故郷へ戻ってる話なのかも。
(今これを書いている時に気付いたが、そうなるとムンプラの「この広い宇宙で 何度生まれ変わっても」って実は物凄く作品の芯になる歌詞に見える)

愛を継ぐもの
これも期待値高い。
・・・
やられた。
前山田健一、あんたはなぜそうやって一番いい曲ばかりをくれるのか。
すごいよ。作曲だけじゃない、詞もやばいこれ。この発想はないよ。
そして後半のあーりんパートね。歌詞ね。分かるよ。そこ繋げるんだ。あんたって人はほんとうに・・・
両方のアルバムに提供して貰えて良かった。凄い。

もっ黒ニナル果て
(やっぱり本当の音程は低い・・・慣れよう)
なんだか意識が朦朧としてきた。ここはどこだ。もう終わっちゃうよ。
もうどこだかも分からない世界で、出会ったんだな。
なにもかももっ黒になっていく。

桃色空
フル期待。最後の最後の一曲だ。
・・・
・・・
スケールがやばい
うわ
もう
参りました。
セカイに溶け込んでる。はあ。
すごい歌詞だ。すごいボーカル。杏果・・・
そしてまた始まる。


聴き終わって思わず拍手した。
割と浅い感想しか書かなかったが、言葉に出来ない独特の空気を、ここではないどこかの、ももクロではない5人の紡ぐ旅を、存分に感じていた。これはもう言語化出来ない。聴いてくれ。

何もかもが完璧だった。どうして音楽でこんな世界を生み出せるんだろう。
これを作った大人の方々も、まさにその通りな歌声を載せたももクロちゃんも、凄すぎる。本当にももクロちゃんのアルバムなのか、これは。
5TH DIMENSIONの向こう側、GOUNNのさらに上、澄んだ世界を確かに感じた。
どうしてこんなことが出来るの。
でも今のももクロにしか出来ないことだと思った。
多分細かく考察していったらキリがない気がする。いくらでも深められる。だからその前に率直な今の感想をただただ書いておいた。
ただ、なぜジャケットのももクロちゃんの髪が長いのか、今ならなんとなく分かる気がする。言葉にはしないけれど。

これからこの2枚と共にどうやって生きていくんだろう。ももクロちゃんも、私も。
何も想像できない。今日をもってももクロちゃんは新しいももクロちゃんになったんだなあ。

ももクロを好きになって、この作品に出会えて、良かった。