えみごのメモ

ももいろクローバーZ/有安杏果さんのファンです

ももクロメンバーにやってほしいお仕事

先日公開されたMONTHLY AE 5月号のインタビューにて、有安さんが「他のメンバーにしてもらいたい仕事」を語っていらっしゃった。ファンクラブ限定であるため一応詳しくは書かないが、玉井は雑誌のモデル、あーりんはお菓子のCM、れには演技の仕事、百田は声優、だという。それがあまりにも面白かったため便乗して私も考えてみようと思っただけの妄想メモを以下に記す。いつか叶った時に預言者を気取るためだ。

☆☆☆☆☆

朝ドラ「べっぴんさん」の撮影中であるリーダー夏菜子。ソロ仕事は彼女が一番多く経験してきたように思う。度々バラエティのゲストに呼ばれたり、「メレンゲの気持ち」のレギュラーを務めたり、真面目な番組の司会をしたり、スポーツ番組のナレーションをしたり、とにかく今までのテレビ露出が最も多いことは間違いない。更に雑誌のモデルでは普段の夏菜子とは違う大人びた美を放ち、モノノフを驚愕させてきた。

そんな夏菜子にやってほしい仕事として、杏果が提示した「声優」は案外盲点であった。言われてみればめちゃめちゃ声優だ。声優みある声をしている。CD音源に収録されているセリフの素晴らしさをすっかり見落としていた。声の表現力が凄まじすぎる。「私たちが、ここに、いる」「ここにいるよ、ずっとここにいる」「私が地球を止めてやる!」「またね」・・・ああ、夏菜子に声優をやってほしい。
どんな作品で声優に起用されてほしいか、だが、まあ普通に、俳優が参加する系の一般向けアニメ映画で良いと思う。声優に挑戦してみました!→またタレントかよ!→あれ、この子凄くね???を狙いたい。良い感じの綺麗なアニメで良い感じの女の子の役をやってほしい。可愛い声を普通に活かしてほしい。

あとはストレートに女優としてもっと活躍してほしい。「天使とジャンプ」のカナエ、「幕が上がる」のさおりは本当に本当に名演であった。今回「べっぴんさん」の良子を通して更に演技力が磨かれてとんでもないことになりそうだ。
個人的には、何か難病を患った女の子の泣けるストーリーを演じてほしい。ドラマでも映画でもいいのだが、24時間テレビのスペシャルドラマが理想だ。夏菜子が難病の少女を演じたらガンガンに泣く自信がある。分かるだろう。あの夏菜子が・・・ああ、想像だけで涙が・・・。

演技系以外の仕事では、天才的な頭脳を活かしてクイズ番組の定番的存在になってほしかったり、身体能力を活かしてスポーツ系のバラエティで活躍してほしかったりする。正直言って24時間マラソンを走ってほしい。

芸能とはもはや関係ないが、書道家的なこともやってみてくれないかなとも思う。夏菜子の書は独特で味があり、芸術として十分通用する気がしてならない。作品集が出たら買う。
かなり将来、独白本を出してくれたらそれもめちゃめちゃ買う。
服のセンスが異常に良いため服系の仕事を、いやいっそブランドを作って下さいとも思う。
最後に、ドームトレックで披露していたフープダンスがはちゃめちゃ綺麗だったため極めてほしい。


ソロコンサートを誰よりも先に開催したれにちゃん。聴けば分かる。素晴らしいシンガーだ。どのような展開でもいいが、歌は活かされてほしい。いや正直CDは非常に欲しい。
ドームトレックでのタップダンスが良かったため、タップの魅力を広める活動を引き続き行ってほしいと思う。
夏菜子のようにテレビで目立ったソロ仕事をしてきたわけではないが、それは実にもったいないことだ。ということで考えてみよう。

夏菜子の欄に声優声優と書いておいてなんだが、れにちゃんも声優をやってほしい。それを言ったらあーりんもなのだが。
れにちゃんはあり得ないほど声がいい。杏果が羨ましがるスウィートボイス。声優というよりはラジオに向いているのかもしれないが、杏果の言った演技の良さも加味して声優もどうかやってほしい。(もちろんラジオもやってほしい。これは昔からモノノフ皆が思っているだろう。)
れにちゃんの場合、深夜アニメが良い気がする。ももクロには他のスタダのグループと違ってオタクがいないが、そんな中で好きな漫画を挙げろと言われて一番オタク寄りの回答をしてくれるのがれにちゃんだ。なんとなく夏菜子が深夜アニメに出るとなると「おいおい」となるが、れにちゃんなら「おっ!いいぞ!」となる。これは私がオタクだから感じることなのかもしれないが。
とにかく深夜アニメで、なんかしらの美少女を演じてほしい。出来れば物語のキーとなるような、謎の大人しい美少女・・・いや美女。さりげなく声優陣に混じって最強の声を届け、オタク共をビビらせてやってほしい。なんていう妄想。

女優としては、また夏菜子と被るが24時間テレビのスペシャルドラマ的な難病少女を演じてほしい。なんだろう、この2人の純真さをそのまま演技に表出して私を泣かせてほしいのだ。
またはれにちゃん、戦時中の少女でもいいかもしれない。なんだか可哀想な役ばかりで申し訳ない。菩薩みを感じるような役がいいなあ。
もしくはガルル系の超絶明るくて楽しいキャラを主人公として演じてほしい。ゴールデンのドラマで。最強だ。

バラエティ面では、やはりぶらり高城れにの良さをお茶の間に放ってほしい。昼時に旅番組か散歩番組を持てれば最強だ。もしくはほのぼの感をもう少しなくして世界ふしぎ発見のレポーターもいい。お茶の間のお母さんやお婆ちゃんが見れば絶対に親しみを持つ人柄だ。どうか世間に見つかってほしい。

ブログやQJを読んでいて、彼女の言葉もいいなあと思うため、作詞をしてほしさもある。絵の味もあるためいっそ絵本の製作なんてのも良いのではなかろうか。小説の執筆も良いなあ。

そして最後に・・・モノノフが幾度となくれにちゃんに望んできたもの・・・シャンプーのCMだ。今は短くなったとはいえやはり美麗な黒髪。綺麗なお姉さん高城れにの魅力を全面に解き放つべきだ。シャンプー会社の各社様は是非急いでほしいと思います。


あーりんは、そもそも幼少期はあーりんとして活躍していたわけだ。ソロ仕事もお手の物だろう。
ももクロに入ってからは聖闘士星矢の声優が非常に印象的だ。ナレーションの仕事もとにかく素晴らしい。キルマニアファミリーではお姫様のような可愛さを存分に活かしてくれた。バラエティにもちょくちょく登場する印象がある。
あーりんはもっともっとどこまでも輝いていけるだろう。

まずは、3回目になるが、声だ。
声優の仕事を再びやるとしたら、作品はなんでもいいのだが、なんだろう、低めの声で演じるのを聴いてみたい。
ただ私としてはあまりにもナレーションが好きであるためナレーションをとにかくやってほしい。夏菜子、れにちゃん、あーりんと「声」を活かしてほしい旨を書いたが、正確には夏菜子は声優、れにちゃんはラジオ、あーりんはナレーションが向いているのでないかと素人目線では思う。ナレーションする番組はなんでもいい、むしろ色々な番組で聴いてみたい。

演技においてもあーりんはなんでも演じられそうで、特にこれ!と言った欲はない。なんでも見たい。でも、めちゃくちゃな悪女は見てみたい気がする。振り切った演技が見たい。

バラエティ面では、教育番組だ。れにちゃんはお母さんやお婆ちゃん受けする番組に出てほしいが、あーりんは反対に子供受けする番組に出てほしい。あーりんは母性に溢れすぎている。あーりん推しのちびっ子の多いこと多いこと・・・!なんらかの教育番組を期待したい。

杏果はあーりんにしてもらいたい仕事として「お菓子のCM」を挙げたが、それはすごくいい!食レポもいいし、食にまつわる仕事はとても良さそうだ。あーりんクッキングのイメージも大きいのかもしれない。
あーりんの可愛さとお菓子の可愛さを結びつけた可愛いCMが放映された日には泣いて喜ぶ。その企業様に投資しまくる。

ステージに関して言えば、ダンスが良すぎるためいっそダンスでソロ仕事があればいいのにと思う。バレエも見てみたい。ダンスといえばもし出来るのならば振付けに挑戦してみてほしい。
エレキギターは様になりすぎていて最高だ。どんどん極めてかっこよく降臨してほしい。
注目すべきは9月19日に予定されているAyaka-nationだ。あーりんのプロ意識、自己プロデュース力、そして最強の才能である、ステージ演出力。全てを込めた時、すごいことになる。歌い方もどんどん幅を広げてほしい。

あとはとにかく可愛さを活かして、可愛いブランドのイメージモデルを務めたり、可愛いブランドを生み出したりしてほしい。モノノフを超えて、全ての女子の憧れに。写真集ではない、エッセイ系のフォトブック的なものもいつか出してくれたらなあと思う。


なんとなく書き始めて気が付いたらしおりんのお誕生日が迫ってきたため、しおりんを最後のトリに書く。先に我が姫杏果だ。

杏果がももクロメンバーとして行ってきたソロ仕事は、ほぼ歌だ。これからもきっとそうだ。
幼少期は子役として、ダンサーとして活躍してきた杏果が、今、最強のシンガーソングライターとしての頭角を現しまくっていることは、もうなんというか、尊い。尊い人生だ。

歌に関してしてほしい仕事は、とにかくソロデビューだ。ソロデビューをし、CDを売ってくださいと毎日願っている。
シングル、アルバム、カバーアルバムも欲しすぎる。ありがとうのプレゼントを同じオケで再録した音源なんかも欲しすぎる。
憧れの人とのコラボシングルなんて出せたらもう何よりも最高だろう。秦さん!aikoさん!桜井さん!

ステージについてはソロライブであるココロノセンリツの開催が既に約束されている。彼女は死ぬまでと言った。
その中でとにかく色んな歌を歌って色んな楽器に挑戦してほしいというだけだ。ドラムを始めとして、究めたいものを究めながら、好きに突き進んでほしい。歌だけでなくダンスを活かしてくれると尚嬉しい。あとアカペラライブを観てみたい。
私としてはそれ以外にも、やはりソロデビューをして音楽番組やフェス等に単独出演してほしすぎる。そこで好きな人と一緒に歌う夢をバンバン叶えてほしい。何より有安杏果の歌を世界中に届けてほしいのだ。

というか私は、彼女の歌に関しては案外望みを持っていないなと気付いた。彼女自身が明確に欲を持って歌を頑張っているからかもしれない。好きなように音楽を楽しんでくれればそれでいい。私は杏果が飽きたと言わない限り、マイクを手放さない限り、ずっと杏果の歌を聴いて生きていく。それだけだ。

では音楽以外ではどうかというと、杏果が歌の次に沢山貰っているソロ仕事、ラジオだ。滑舌悪いだの話がまとまらないだの逆に全然話さないだの色々言われてしまっているが、杏果は一人で語り出すと非常に面白くて素晴らしい。音楽を絡めると更に素晴らしい。音楽を扱うラジオ番組を是非、歌手として持ってほしい。川上さんも杏果のラジオ向きな性質についてしばしば言及しているため、今後も継続的にラジオのゲストに出すだろうし、単独番組も夢ではない。(しかし杏果は挙動が可愛いからラジオではなく映像で楽しみたいという欲もある。)

音楽に戻ってしまうが作詞作曲も非常に楽しみである。今作っている曲も、これからの人生で作られていくであろう曲も。ゆくゆくは他者への提供を行ってほしい。桃色空を下さった堂本剛さんのように。ももクロやてんかすトリオの曲も作ってほしい。

私が兼ねてから杏果にどうしてもしてほしいと言い続けてきたことは、これはもう仕事でなくとも良いのだが、写真だ。杏果が自前の一眼で撮った写真を公開してほしい。欲を言えば、写真家有安杏果として写真集を出して欲しいくらいには思っている。もしCDを出すならば、ジャケットや歌詞カードに彼女が撮った写真を使ってくれたらもう、最高だろう。彼女がファインダー越しに捉えた世界をこの目で見てみたい。彼女の魂は歌以外にも滲むはずだ。私自身写真が好きなこともあり、これはどうしても願ってしまう。

演技の仕事では、常々、殺人鬼のような猟奇的な役やサイコパスな役を見てみたいと思う。それでは世間でのイメージが悪くなりそうであるためやってほしくない気もするが。要は杏果のエモーショナルな演技が胸に刺さるため、そういう役を見たい。杏果の演技力は本当にやばい。特に泣きの演技や叫びの演技はもっともっと評価されるべきだ。
もしくは透き通った美を活かす方向も良い。綺麗な感じのCMにも出てほしい。
かつての経験を生かすわけではないが、儚く微笑みながら筆談する女の子の役というのが一番見てみたいかもしれない。

ダンスでのソロ仕事も見てみたい。
ダンサーの仕事と言われても具体的には思いつかないけれど、和田アキ子さんの隣で踊る杏果という画がかっこよすぎたため、そういうのもアリだと思った。

そして・・・どうか、どうか、ミュージカルに挑戦してほしい。彼女が培ってきた演技、ダンス、歌、全てをぶつけるとしたらそれはもうミュージカルしかない。杏果がミュージカルに出ないまま一生を終えるなんて絶対に嫌だ。題材はなんでもいいから主演でお願いしたい。

あとは本を書いてほしい。杏果の言葉がなによりも好きだ。怒涛の生涯を清らかな本に記してみてほしい。いつか。

以上、思いついたものだけを取り留めもなく書いてみたが、実際は多分この5倍くらいあるだろう。


今これを書いている時点ではあと少しで21歳の、しおりん。
しおりんは天性の万能天才、今や器用大富豪まっしぐらなスタイル抜群美少女。やばい。おめでとう。
既にそれぞれの才能を買われてソロ仕事を貰っているが、今はまだ始まりにすぎないのだろう。

まず演技では、「幕が上がる」のユッコ役・劇中劇「銀河鉄道の夜」のジョバンニ役で大大大絶賛を得たのが全ての始まりであろう。誰もが認める美貌の持ち主であるため映像にも非常に映え、際立って凛とした立ち姿が舞台にも映える。特に舞台では平田オリザ氏に大変評価され、「東京ノート」のヨーロッパ公演出演を約束された程だった。
もうそのまんま、なんでもいいから舞台に出てほしい。主演を飾ってほしい。ドラマ「ストレンジャー」に出演したように映像にももっと出てほしいけれど、やはり舞台に死ぬほど向いていると思う。どんな役でも見てみたすぎる。
あえて見てみたい役を書くなら、申し訳ないが、スーパーサイコレズかもしれない。

繰り返し演技の話にはなるが、ちょっと違う角度から言いたいのが、スーパー戦隊のイエローをやってほしすぎるということだ。身体能力、ビジュアル、演技力、全部完璧。ネックは逆に知名度が高すぎて選出されにくそうなのと、拘束期間の長さだ。
スーパー戦隊でなくて仮面ライダーでもいい。私はスーパーヒーロータイムで育った身であるため、他の特撮ドラマのことは言えないが。しおりんには戦うお姉さんが似合いそうだから出てほしいという話だ。劇場版のゲストでも、アクションのあるキャラや劇場版限定ライダーならばいい。とにかく私は泣いて喜ぶ。

司会業はとにかくいずれゴールデンでやってほしい。私が見てみたいのは飯塚さんと2人でバラエティの司会をする姿だ。テレ朝以外で何食わぬ顔でやると尚面白そうだ。お茶の間の顔になってほしい。一方で、引き続き音楽イベントのMCも続けていってほしい。
また、MCをしなくても普通にバラエティセンスが尋常ではないため、古今東西の(?)バラエティ番組に出てその名を広めてほしい。美味しそうに食べる食レポも全国に届けてくれたらなあと願う。

そして杏果も願うモデル活動。本当に私からもお願いしたい。
OVERTUREのしおりんが大大大大大好きだ。あの路線でかっこよくモデルをしてくれたら私は泣きながら雑誌を買いまくる。
顔もスタイルも美しい。イケメンさと可愛らしさをどちらも発揮できる真の"美"を纏っている。それを誌面に余すことなく閉じ込めて、読者の視界に放出してほしいのだ。

音楽面ではその素晴らしいギターとピアノを引き続き極めていき、歌も磨いてなんだかすごいことになってほしい。今も十分すごいけれど、更に進化した姿を想像すると「なんだかすごいこと」としか言えなくなる。
数年前に言われていた「玉井詩織は覚醒したらやばい」が現実に進行している事実に震えが止まらない。しおりんのモノクロデッサンの幕はついに上がり、今、宇宙の果てまで染めあげようとしているのだ。

☆☆☆☆☆

各人もっともっと出せるはずなのだが、ここで筆を止めてしおりん生誕祭に備える。また思いついたら下に追記していこうと思う。
してほしいしてほしいと書いたが、一番大切なのは5人が5人とも「やりたいことをやる」ということだ。楽しく仕事をしてくれればそれだけでいい。そうすればももクロはいつまでも無敵だ。
とはいえ、この妄想からいくつが叶っていくのか、実に楽しみなものである。