えみごのメモ

有安杏果さん

あなたのふるさと















音のない住宅街を、駅に向かって引き返す。
光差す午後、春の緑が眩しい。
いつかあなたがお母さんと一緒に進んだ道。
タイムトリップして、そこに歩く二人を想う。

駅前のわずかな喧騒が耳に届く。
視線を上げた瞬間、タイムトリップが終わる。
唇が震えそうになる。
そこには、あなたが。